L's Harley編集部
プロフィール

L's Harleyでは、本ウェブサイトを通じて女性ライダーのための情報を発信してゆきます。また、公式ツイッターアカウント(https://twitter.com/HarleyJP_Ls)でも、更新情報を随時配信しています。

04
21

東京モーターサイクルショー2015 レポート

3月27日(金)から29日(日)にかけて、東京ビッグサイトで開催された『第42回 東京モーターサイクルショー』。国内外のモーターサイクル関連企業が一堂に会する年に一度のビッグイベントにて、ハーレーダビッドソンが大々的にブース展開! その模様をL's Harley編集部がレポートします!

大勢の人が詰めかけたハーレーダビッドソン ジャパンのブース
大勢の人が詰めかけたハーレーダビッドソン ジャパンのブース

ハーレーダビッドソンの本拠地であるアメリカ・ウィスコンシン州ミルウォーキーの佇まいをほうふつさせる赤レンガ風のブースには、人気モデルがずらり勢揃い。なかでも注目を集めたのは、メインステージが設けられたこちらのモデル。
 

そう、ストリート750!
2月27日から販売開始となった同モデル、“次世代型ハーレーダビッドソン”として各方面で取り上げられるなど、大きな話題を呼んでいる注目のニューカマーには、多くの方が関心を寄せていたよう。
 

コーナー前に設置されたモデルには、そのポジションと感触を確かめようと跨がる人が列をなすほど!
「思っていたよりも足着きがいい」
「これなら私でも乗れそう!」
など、ほとんどの方が好印象だった模様。
また、屋外で開催された試乗会にもストリート750が用意され、実際にライディングを楽しまれた方も大勢いらっしゃいました。
 

メインステージには、カスタムされたストリート750とXL1200X フォーティーエイトの2台が展示!
 

シートやウインドスクリーン、ハンドルバー、マフラーエンドキャップなどの純正パーツでカスタマイズされた真っ赤なボディのストリート750。ノーマルのそれとは違った印象を抱かせ、さらなる世界観の広がりに期待が膨らみます。
 

より一層個性が強まったXL1200X フォーティーエイト。
マーブル模様のグラフィックをまとったタンク&フェンダー、大きく持ち上げられたエイプハンガー、ホワイトリボンが入ったファットタイヤ、ビレット感あふれるホイールやエアクリーナーなど、見る者を思わず唸らす仕上がり。純正カスタムパーツのクオリティを見せつけた一台と言えますね。
 

ずらりと揃った人気モデルにまたがれる貴重な機会、ポジションの確認はもちろん、実際にオーナーとなって走り出したときの風景を想像されていた方も多かったはず。誰もが満面の笑みで楽しまれていました。
 

『レディスバイク』(株式会社クレタ)のブースにもストリート750が登場!
こちらでは、車両の斜め前に大きな姿見が設置され、またがっている自分の姿が見られるという心憎い演出が。
ストリート750で疾走する姿をはっきりとイメージできたはず!
 

さらにライディングギア試着コーナーには、ハーレーダビッドソン純正ウェアをはじめ各メーカーのジャケットがずらり勢揃い! これだけのジャケットを一度にフィッティングできる機会は滅多にありません、お気に入りのジャケットを発見した方も多かったはず。
 

今年の東京モーターサイクルショーの入場者数は、昨年の113,830人を大きく上回る132,249人を記録! オートバイへの期待がさらに膨らむ2015年、ハーレーダビッドソンの注目度はさらに高まっていくことでしょう!
 

It's time to Ride

あなたもハーレーを体験してみよう。

試乗検索
現在地または住所・郵便番号から、最寄りの販売店で今すぐ試乗できるモデルを
簡単にお探しいただけます。
今すぐ試乗できるモデルを探す
試乗イベント
イベントで試乗してハーレーダビッドソンを体験していただけます。お近くで開催されるイベントが検索できます。
詳細を見る